2021/06/24(木)第二回発想道場 ゲスト:中馬和彦さん

「クリエイティブ」と聞いて、なにを連想しますか?

それは一部の人が持つ特別な才能であったり、美大といったイメージがあるかもしれません。

しかし、本来クリエイティブとは、誰もが持っているアイデア、発想から生まれるものです。

「高校生のうちは、クリエイティブの手前にある”アイデア=発想”を探したり、見つけたり、拾ったり。そういう力を養うことから、始めるといいのかもしれない。」

2人のクリエイター、金山淳吾さんと佐藤夏生さんのそんな想いから「発想道場」は生まれました。「発想道場」は、月1回の連続授業です。身近なアイデアを探し、磨き、それを伝える力を学びます。また、毎回の授業には、主宰のお二人が高校生に会わせたいと思う方々をゲスト講師に迎え、インスピレーションを得ます。

「発想道場」は飛び込み参加歓迎のオープン授業です。ぜひLoohcs高等学院の学生や、この場に集まる高校生と一緒に学んでみませんか。

さあ、発想を探そう、拾おう、磨こう。発想道場。

講師紹介

佐藤 夏生 NATSUO SATO/発想道場主宰

1973年生。博報堂のエグゼクティブクリエイティブディレクター、HAKUHODO THE DAY代表を経て、2017年にブランドの課題解決ではなく、可能性創造をリードするブランドエンジニアリングスタジオ EVERY DAY IS THE DAYを青山尋紀と立ち上げる。 過去には、adidas、NIKE、Mercedes-Benzのクリエイティブディレクターを歴任。近年は、広告プロモーションから、商品開発、事業開発、VI、CI、空間デザインや都市のブランディング等、クリエイティブの社会実装を実践。 GOOD DESIGN AWARDをはじめ、ACCマーケティングエフェクティブネスグランプリ等受賞。2018年から、渋谷未来デザインのフューチャーデザイナー、横浜市立大学先端医科学研究センターのエグゼクティブアドバイザーを務めている。趣味は、珈琲と最近始めたスキー。

金山 淳吾 JUNGO KANAYAMA/発想道場主宰

「クライアントは社会課題」というスタンスからさまざまなクリエイター、デザイナー、アーティストと企業と連携し、社会課題解決型のクリエイティブプロジェクトを推進。渋谷区の観光戦略・事業を牽引し、渋谷区をステージにさまざまなプロジェクトをプロデュース

<略歴>
2001年 広告会社電通にて衛星放送(BS/CS)の事業担当。
2010年 音楽業界へ転身し、アーティストプロモーション、映画開発、作家開発、音楽情報メディアの事業再生、環境事業開発、オーガニックレストランやオーガニックストアのプロデュースなどを担当。
2015年 クリエイティブアトリエTNZQを設立。
2016年 一般財団法人渋谷区観光協会代表理事に就任。
2018年 一般社団法人渋谷未来デザインを設立。
2020年 EVERY DAY IS THE DAY フェローとして参加。

<主な業績>
APbank fes、Social innovation week、など

ゲスト:中馬和彦/KDDI∞Labo長

KDDI株式会社 事業創造本部 ビジネスインキュベーション推進部長/KDDI∞Labo長KDDI(株)事業創造本部ビジネスインキュベーション推進部長として、ベンチャー支援プログラムやベンチャー投資ファンドKDDI Open Innovation Fundを統括。

・KDDI∞Labo長
・経済産業省 J-Startup 推薦委員       
・始動Next Innovator メンター
・ILS アドバイザリーボード
・クラスター株式会社 社外取締役
・スポーツ産業振興委員会 委員

開催詳細

2021/06/24(木) 14:40〜16:20

対象者:高校生、もしくはLoohcsコミュニティの皆様
参加形式:オフライン(定員あり) / オンライン聴講可能
場所:Loohcs高等学院 渋谷キャンパス
定員に達した場合、募集を締め切らせていただきます

学校・学生達の雰囲気を体感してみませんか?

Loohcs高等学院

体験授業のご予約はこちらから