学習スタイル

Learning style

学習スタイル

Point1.Loohcs 高等学院の学習方法

Loohcs 高等学院


マスタリーラーニング
学習事項の習得を目的とした勉強法
グループ型学習
ワーク中心の主体的な学習
オーダーメイドカリキュラム
一人ひとりに最適化したカリキュラム

既存の高校


教授主義
学習事項の教授を基本とした指導法
一斉授業
一方向の指導を中心とした受動的な学習
画一的なカリキュラム
全員同じテキスト

◆オーダーメイドカリキュラム

1人ひとりの学生の実力と目標に応じて1年単位、1学期単位、1日単位のカリキュラムを担当教員と一緒に細かく設定します。

◆グループ型学習

グループ型学習では、教科や進度の近い学生が一緒に学びます。お互いに問題を出し合ったり、解説をすることによって、受験勉強も学習定着度の高いアクティブラーニングの形で進めます。テキストが入ります。

◆マスターリーラーニング

マスタリーラーニングとは完全習得学習のことで、ひとつの単元を完璧にしてから次の単元に進みます。これによって得意な単元は速く進め、苦手な単元にはじっくりと時間をかけて克服することができます。

Point2.つまずくことを前提にした授業設計

Point2.つまずくことを前提にした
      授業設計

ルークスでは、暗記の仕方や個人にあった効率の良い勉強方法を考えることも授業の中で行っています。テストは単元ごとに、個人に最適なタイミングで実施しますが、テスト問題はMARCHレベル、合格点は100点です。あえて少し難しい問題に挑戦し、間違える過程を踏んで知識や解法を習得していきます。

Point3. 教員の役割

本校での教員の役割は、マネジメント、ファシリテーション、モチベーティング、ティーチングの4つです。直接教えることは極力減らし、学生が成長できる環境を整えることを重視します。教員同士でも日々勉強し、日々課題を共に考えながら成長し続ける組織であることを目指しています。