プロジェクト

自ら選び、「共創体験」を通じてさらなる好奇心に開かれる

プロジェクト

3限目から放課後にかけての時間で、1・2限目のリベラルアーツで学んだ「ものの見方」を、より実践的な場で応用できる機会を準備しています。基本的には選択制であるため、より主体性を持って興味・関心を広げたり深めたりすることができます。

具体的なプログラム内容

社会人特別講師によるワークショップ

さまざまな分野の第一線で活躍されている社会人を特別講師として招き、ワークを交えながら社会的実践に関わる学びの時間を設けています。これまでにも30名以上の特別講師をお招きしました。教育の枠にとらわれず、多様な社会人から直接学びを得ることによって、自身のこれからの取り組みや将来像について、より具体的なイメージを持てる機会にもなります。

地方留学プログラム

地方留学プログラムとは、地方に短期ないし長期間滞在して、実際にその土地で暮らしながら学びを深めるプログラムです。例えば、京都の京丹後に1ヶ月滞在して、農業や漁業あるいは伝統工業などを体験しながら、社会科学/日本史などを経験知として学ぶプログラムがあります。このように地域に根付いた学びによって、東京では得られない視点に開かれていきます。

社会科見学や自然体験プログラム

さまざまなリアルな現場に赴く社会科見学や、公園や体育館で身体を動かす機会、山登りやラフティングなど自然に触れる機会、美術館や博物館を訪れ文化に触れる機会なども多数用意しています。頭で考えるよりも身体で感じて学ぶことを重視しており、学校外で楽しさを伴った刺激を受けることで学生のモチベーションを駆動する仕掛けにもなっています。

学生主体で運営されるゼミや部活動

ゼミや部活動では、興味・関心を共にする学生たちが自ら集い、学びを深めたり思い思いの活動に取り組むことができます。顧問のように教員が主導するのではなく、教員はあくまでメンバーとして、学生の学びや活動を促進するサポート役として参加します。これまでも、通常の高校にはないような個性豊かなゼミや部活動が学生によって立ち上げられています。

他のカリキュラムをみる

リベラルアーツ

高校で学ぶべきとされている英数国理社のすべての科目を学びます。さらにプロジェクトや探求的な学習を勧めていきためのスキル・知識・社会の関係性など分野横断的なテーマを扱います。

オープンキャンパス

学生・教職員が企画するオープンキャンパスはこちらから

個別入学相談

入学に関するさまざまな疑問・お悩みをご相談ください

イベント/体験授業

特別授業の一般公開イベントは誰でもお気軽に申し込めます

入試案内

4月・9月入試に関する情報はこちらから

学校・学生達の雰囲気を体感してみませんか?

Loohcs高等学院について知りたい方へ

個別相談のご予約はこちら