余白の時間を持つことで、自分を見つめられた

2021-08-11

若松 妃奈乃さん

2020年度卒 / 受験コース
進学先:医学部進学を目指して鋭意勉強中

STORY

入学前の自分

カナダの高校に留学していたが、日本の大学に進学したかったので帰国。基礎学力に自信がなかったが、ルークスなら自分のペースで1から勉強し直せると思い入学を決意。

ターニングポイント

ルークスに通う中で、自分について考える時間を多く持てた。迷って遠回りをしたような気もするが、流れでまっすぐにたどり着くよりも、納得して後悔がない道を選べたと感じている。

卒業してから思うこと

ルークスに入っていなければ絶対に出会えてない、個性豊かな人たちに出会えたのがよかった。決めつけずに人のことを知ろうと思えるようになり、視野が広がった。

Loohcs高等学院について知りたい方

学校説明会・オープンキャンパス 予約

迷いながらも、納得いく道を選択できた2年間

「自分のペース」を尊重してもらえることに惹かれ、ルークスへ

私はルークスに入る前、カナダの高校に留学していました。本当はその高校を卒業して日本の大学に進学しようと思っていたのですが、調べてみたら、日本の大学では海外留学している人の受け入れ枠が少なくて。だったら日本で受験勉強したほうがいいなと思って帰国しました。

普通の高校に戻るとなると一学年下になってしまうのが嫌で、東京の高校をいろいろと探していたら、ルークスを見つけました。HPが綺麗で気になって、読んでみると、学生一人一人に合わせた指導をするとあって。

中学から、留学していた期間も含めて、大学入試を意識したようなカリキュラムではなかったので、基礎学力に自信がなかったんです。ルークスなら自分のペースで1から勉強し直せるなと思って、編入を決めました。

カナダの高校を1年修了してからルークスに入ったので、タイミング的には9月編入で、正規の1期生からは半年遅れて入る形になりました。

初めは、すでに出来上がっていた雰囲気に気圧されて、正直自分には合わないんじゃないかとも思ったのですが、気の合う友人を見つけてからは、結果的に楽しく通い続けることができました。

自分で決めなければならない環境で、納得いくまで悩みきれた

正直なことを言うと、カナダでの留学中はけっこうつらくて、ホームシックみたいな状態だったんです。日本の大学に進学しようと思ったのもそういう部分の言い訳みたいな節はあって、だから帰国してルークスに入ってからも、目標なくだらだらと過ごしたりしてしまっていました。

けれど、自分のペースを尊重してもらえるって、自分なりの目標を決めて、自分の学び方を自分で決めなければならないことだって気付いたんです。

日本で普通に高校に通っていたら、周りと同調して、同じような目標を当たり前に追いかけていればよかったかもしれないけれど、ルークスでは思考停止していることができないというか、自由な分、自分で考えないといけない。周りのみんなも悩んでいたけれど、みんなそれぞれに自分の目標を持っていたりして。

ルークスでは、そういうことを考えられる時間がたくさんありました。元々は医学部進学志望だったけれど、いろいろ考えて悩むうちに、そもそも大学に行くのか?から迷ってしまって。

大学に行くのか行かないのか、行くとして、文系学問にも興味が湧いてきたころだったので、文系なのか理系なのか、学部や分野はどうするのか、すっかり迷っちゃいましたね(笑)。

迷っていたころに、すみれさん(注:教員)から面談で言われたことが、今でもかなり印象に残っていて。「人生にはやりたいことをやりやすいタイミングっていうのがあるんだよね。

大人になってから大学に入りたい!って思って入る人もたくさんいるから、行きたくなったときに大学に行くことも全然できるんだけど、その分の努力は必要で。大学受験という点に限って言うなら、人生で今が一番やりやすいタイミングだよ」。

その言葉が、なんかすごいしっくりきて。そういう、強制する感じじゃない助言をもらえる環境が、自分にとってはありがたかったです。

結果的に、やっぱりちゃんと勉強して大学に行こうと思えたし、やりたいと思えることも見つけることができました。

留学並みのカルチャーショックがあり、視野が広がった

今思えば、中学までで自分がいた環境って、自分に似ている人ばっかりだったんですよね。そのことに気付きもしなかった。でもルークスに入って、カナダで留学していたころ並みにみんな全然違っていて、日本にいるのにカルチャーショックでしたね(笑)。

起業とか、プログラミングとか、絵を描くとか、みんなすごく行動力があって、同級生だけれど尊敬していました。

ルークスの個性豊かな人たちと出会う中で、自分にはなかった感情を知ろうとする機会を持てました。昔は「こういう人はこうだ」って決めつけがあって、視野が狭かったと思うんですが、それがすごく広がった感じがします。

最近は勉強がかなり楽しいです。特に生物。体内環境のこととか学ぶと、今自分の中でこれが起こってるんだ……!と思えて、生きるのが楽しいです(笑)。

それから、留学はしたものの実は受験英語がかなり苦手で、ルークスに入ったころは「be動詞って何!?」って状態だったんですが、この前の英検で準1級に受かりました!ルークスで取り組んだ英語教材様様ですね(笑)。

ルークスらしい学びで言うと、心理学の授業が本当に楽しかったです。心理学部に進むかかなり迷ったレベルです。

たくさん悩んで、遠回りしたこともあったけれど、友人にも学びにも恵まれて、納得いく進路を選べたので、ルークスに入って本当によかったと思っています。

他の卒業生の記事を読む

オープンキャンパス

学生・教職員が企画するオープンキャンパスはこちらから

個別入学相談

入学に関するさまざまな疑問・お悩みをご相談ください

イベント/体験授業

特別授業の一般公開イベントは誰でもお気軽に申し込めます

入試案内

4月・9月入試に関する情報はこちらから

学校・学生達の雰囲気を体感してみませんか?

Loohcs高等学院について知りたい方へ

個別相談のご予約はこちら