ダイバーシティプログラム

なぜ、ダイバーシティプログラムを学ぶのか

自分とは違う考え方や、行動の培ってきた体験や認知を、そのまま他社に当てはめてしまい、小さなすれ違いが大きな衝突を生んできました。そんな過ちを繰り返さないためには、「自分の考えが絶対ではない」という事を学ぶ機会が大切です。そして同時に「ちがいを力に変えられる力」は価値観が多様化する現代でも、学生の皆さんの強い武器になると考えています。

Gyazo

どうやって身につけていくのか

人には、志、哲学、思想、倫理、性別、性的思考、障がい、国籍、文化、宗教、肌の色など一人ひとりが持つアイデンティティがあります。このプログラムでは、多様な人たちと直接触れ合う機会も積極的に用意します。そこで互いを尊重しながら、ちがいをどのように乗り越えていくのかを学び、ちがいを力に変えていく方法を経験に基づきながら学んでいきます。

Gyazo

Gyazo

ダイバーシティカレンダー

Loohcsでは多様性にかかわる課題を月毎にテーマを設定し、多様性についての学習を深めていきます。月毎のテーマは下記を想定しています。

Gyazo

     

2019年4月以降の入学者選考について

転入・編入
5月末に案内開始予定

     

準備中