伊豆大島災害復興ボランティア | Loohcs

伊豆大島災害復興ボランティア

今回私たちは9月23日から29日までの約1週間、
台風の被害を受けた伊豆大島の復興活動のお手伝いをさせていただきました!

そして今回はなんとっ!

一緒に行く仲間の金銭的な問題もあり、交通費をクラウドファンディングをして集めました!
準備期間も短く、今回が初めてのクラウドファンディングということもあり、分からないことだらけでドキドキでしたが、暖かい皆様のおかげで当初予定していた金額を大幅に超えるご支援をいただきました。
ご支援くださった方、フェアなどの拡散してくださった皆様、本当にありがとうございました!

今回の活動報告では主に復興作業、島ならではの体験をさせていただいたことについて
書いていこうと思います!!

 ビニールハウス建設

もともとこのビニールハウスは、中里さん(現地にいる間面倒を見てくれた方です)と、
海洋国際高校の子が作る予定だったのですが台風の影響で作ることができず、
私たちが代わりにお手伝いすることになりました!

今回手伝ってみて、ビニールハウスを建てる大変さを本当に感じました。
島だから、全ての地域に整備が行き届いているわけではなく、
被害のままになっている建物などもあり、家などを修理する大変さも知ることができました。
着いてすぐの作業だったので、みんなヘトヘトになりながら作業しました!

お家の瓦礫撤去&荷物整理のお手伝い!

瓦礫の仕分けから捨てるまでお手伝いさせていただきました!
ごみ捨て場には山のような瓦礫、ガラスなどがあり、改めて被害の大きさを感じました。
台風の被害を受けた建物のところにも行き、テレビでは放送されない伊豆大島の被害を
この目で見ることができました。

 この日はホースセラピーも体験させていただきました。
平山さんという方が教えてくださり、馬は人間と自然をつなぐものであることを
学ばせていただきました。

馬の可愛さとか、馬との触れ合い方、また、馬と触れ合うことで、
私たち人間にどのような影響を与えているのかなど
伊豆大島だからこそできる自然との繋がりなどを知りました。

お馬さんに餌をあげたり、匂いを嗅いでみたり、イチャイチャしたり。
お馬さん、めっちゃ可愛かったですっっ
(もうみんなメロメロ…)

平山さんは、もう若いわけではないけど、情熱を持ちながら、
自分のしたいことをして生きるというポリシーをずっと持ちながら、
今も島のために活動していて、生き様が凄くかっこいいなぁと思いました。

少しでも早く復興されること祈っています。

そして午後の作業も終わり、みんなで少し海に入ることに!
ゆうは1人で海にダイブッ!
女子も海にひきづり込んで、3人ともびちょびちょ、、、
でもでも、最高に楽しかったですっ!!

被災した畑のお手伝い

畑の中にも木が倒れていたり、作物が風でえぐられていたり。
まずは、自分達にできることを!
えぐられてしまった作物を収穫してから、もう一度畑を耕しインゲンを植えました。

炎天下の中この作業は大変でしたが、無事終了!

以上がこのボランティアでさせていただいた活動です。
最後に、活動に参加した仲間たちの感想を載せていきますっ!

さやか
伊豆大島に行った時に始めに見たものは、屋根が飛んだ家でした。
正直、見る前はそこまで酷くないだろう、風で飛んだ瓦礫を片付けるくらいだろうと思っていました。
しかし、実際行ってみると屋根がない家や半壊してる家、木などがあちこちに倒れていました。
台風から結構時間が経っていたのでこれでも片付いた方なのだと聞かされ本当に驚きました。
私は3日しか行っていませんが毎日瓦礫の片付けや畑を耕したりしていました。
壊れた家が多すぎて、瓦礫が多すぎて学校の運動場がゴミの分別場所になっていました。
布団やプラスチック、瓦などが分別されていて台風の被害の大きさをとても感じました。
伊豆大島は大きいので、少しの範囲の片付けしかできていなく私が帰る頃もまだまだ木が倒れていました。なので、今もまだ瓦礫や使えない場所があると思います。
ゴミの分別や畑を耕しだだけですが、少しでもお手伝いできて良かったです。島が出来るだけ早く復興できたら嬉しいです。

りゅう
僕は初めてボランティアに行きました。今回のボランティアで色々経験し学びました。例えばホースセラピー、植物の育て方、ドローンの操作、など沢山学べました。特に印象に残ったのはホースセラピーです。僕は今までドックセラピーとかドルフィンセラピーなどは知っていましたがホースセラピーは聞いた事ありませんでした。馬というのは他の動物セラピーとは違い触れ合いながら遊べる。なぜなら乗れるからです。そして乗れる動物というのは世界で5種類くらいしかいないらしいです。実際に、触れ合ってみて馬はすごい落ち着いていて自分まで心が落ち着き穏やかになりました。すごいいい経験ができ良かったです。

みらい
今回の伊豆大島は、私にとって初めて学校を1週間休んで、初めて島に行って、初めて滞在しながらのボランティアをした、とても刺激的な活動となりました。
伊豆大島は、同じ東京なのに、風景、時間の流れ方、香り、風、お店など、東京だとは思えないくらい綺麗で、偉大で、でもどこか安心できる、そんな場所でした。
島の人たちもとても親切で、パワフルな方が多くてとても楽しく過ごすことができました。
今回は、初めて体験することが多くて、いろんなものに興味を持つきっかけにもなりました。
その中でも、個人的に印象に残ってる黒い砂漠の山に行った時は、【自然】についての自分の中の定義が変わったくらい、自分が変わったと感じました。
その場所は、東京の街中で見る自然とは比べ物にならないくらい、美しくて、綺麗で、怖かったです。
ここでは長くなりすぎちゃうので、今度自分のHPを作って、そこにこのことについて載せるつもりなので、楽しみに待っていてくれると嬉しいです。笑
(宣伝みたいになっちゃった。笑)
今回の伊豆大島は初めて体験したり、見たり触ったり。とにかく初めてが盛りだくさんでした。笑
こんなにも楽しめたのは、島でいろんな方と関わることができて、島の方の思いやパッションを感じることができたからだと思います。
伊豆大島という環境だからこそ出てくるアイデアや考え方もあって、自分について見つめ直す事もでき、自分の成長にも繋がったいい経験になりました!!

きょうこ
伊豆大島に行き、たくさんの良い体験ができたと思っています。いつものように学校に行っていたら思いつかなかった「やりたいこと」が見つかりました。普段の生活とは離れ、自分自身を見つめ直すきっかけにもなりました。

長くなりましたが、以上を活動報告とさせていただきます!
今回の活動は、たくさんの方々のおかげで形になった活動です。
ご支援くださった方、FBのシェアしていただいた方、
現地で毎日面倒を見てくれた中里さん、平山さん、
他にも本当にたくさんの方にお世話になりました。
本当にありがとうございます!!

僕たちは、これからも様々な活動にチャレンジしていくつもりです。
よければ、末長く見守っていただけると嬉しいです!

最後まで読んでいただきありがとうございましたっ!