高校卒業資格取得について

ルークス高等学院は学校法人ではなく、株式会社が運営する、新しいカタチの高校です。正式には代々木高等学校(通信制高校)のサポート校です。学生のみなさんは、ルークス高等学院への入学と同時に、代々木高等学校にも在籍することによって、高等学校の卒業資格を取得することができます。

ルークス高等学院では週5日、独自のカリキュラムを提供しておりますが、月に2日程度代々木高校の提出課題に取り組む時間を設け、職員が提出物の管理をしています。これにより、今まですべての学生が単位を落とすことなく進級しています。

代々木高等学校卒業要件

高等学校の在籍年数が3年以上であること。修得単位数が74単位以上であること。必須科目を全て履修していること。特別活動の必要時間数を全て満たしていること。

※転入学、編入学の場合は卒業要件に対して前籍高での学修を加味します。(在籍期間・修得単位)

単位認定について

高校卒業資格取得のための単位認定は、定期的なレポートの提出と、年に1回のスクーリング(登校)によって取得できます。科目ごとの単位認定の条件としては、科目ごとに必要なレポ—トを期日までに全て提出していること、スクーリングの必要時間数に対して全て出席していること、その他必要な提出物を全て提出していることの3点を満たしていることです。

単位認定にあたり、代々木高等学校で取り組むべきことの詳細は以下です。

  • メディア学習
    東京書籍、NHK高校講座の教材を使用して、メディア授業による学習を行います。具体的には、映像授業を視聴し、その内容を文章でまとめます。
  • レポート提出
    単位修得にあたり、教科書に沿った問題形式のレポートの提出が必要となります。教科書の該当部分を適宜参照しながら、記入していきます。
  • スクーリング
    年に5日、志摩賢島(三重県)にある代々木高等学校本校、もしくは東京支部でスクーリングを受けます。スクーリングの日のみ、ルークスではなく代々木高校に登校することになります。

就学支援金について

代々木高等学校の授業料については、国より「就学支援金」が支給されます。支給額は父母合算の世帯年収により異なりますが、基本的に世帯年収910万円未満のご家庭が対象となります。詳しくはこちらをご覧ください。

1年次科目(例)

教科単位数レポート回数
国語総合412
日本史B412
現代社会26
数学1412
体育122
保険113
書道126
コミュニケーション英語1412
総合的な学習11
合計24単位66回

よくあるご質問

1通信制高校と全日制高校はどう違いますか?

通信制高校の多くは単位制なので、出席日数ではなく、取得単位数や在籍年数などの卒業要件を満たせば高校卒業資格を取得することができます。全日制高校の多くは学年制で、3年生を修了すると卒業となりますが、単位制では必要単位を取得することが卒業条件となります。

2サポート校とはなんですか?

サポート校は、通信制高校に在籍する生徒の学習を支援するための教育施設を指します。サポート校は、学校基本法の定める学校ではないので、設置に関して法的な基準はありません。Loohcs高等学院ではこの仕組みを利用して、より先端的で自由度の高いカリキュラム設計を行っています。

3高校卒業資格と高卒認定の違いはなんですか?

高校卒業資格とは、全日制高校の卒業と同様に、高校を卒業したことを意味します。高卒認定卒は高校卒業資格がない人が大学受験をする際に、「高校卒業と同等の学力があること」を証明するための資格です。ただし高卒認定試験に合格した場合も、経歴は中学校卒業となります。

4 前籍校の単位や在籍期間は引き継げますか?

学校法に定められた学校からの転編入の場合は、引き継ぐことが可能です。詳細につきましては、「転編入をお考えの方へ」のページをご覧ください。

オープンキャンパス

学生・教職員が企画するオープンキャンパスはこちらから

個別入学相談

入学に関するさまざまな疑問・お悩みをご相談ください

イベント/体験授業

特別授業の一般公開イベントは誰でもお気軽に申し込めます

入試案内

4月・9月入試に関する情報はこちらから

学校・学生達の雰囲気を体感してみませんか?

Loohcs高等学院について知りたい方へ

個別相談のご予約はこちら