建学の理念

教育は、
変わらなければならない。
変えなければならない。

Loohcsとは

Lochcs(ルークス)は生徒が持つ可能性や才能を最大限伸ばすための新しい高校です。

これからの時代を生きる高校生たちはこの先、大人たちも経験したことがない、大きな変化が待ち受ける時代を生きていくことになります。

21世紀に入り、いい大学を出ていい会社(組織)に入れば安定を得ることができる、という従来型のロールモデルは綻びを見せ始めています。

AIやロボットのようなテクノロジーの発展により、人間に求められる役割や働くことの意味が変容していくこの時代に、子どもたちは高校で何を学び、その貴重な高校時代をどう過ごしていくべきなのでしょうか?

Loohcsはその問いに応えるために、「普遍性と先端性」をコンセプトとして「思いやりのココロをカタチにできる力」を育てる新しい学校として開校します。

Loohcs7つの特徴

1.テクノロジーの力で、最適に学ぶ

非効率な一斉授業を廃止し、パーソナルコーチとAIで効率的・効果的に学びを設計します。

2.個性を伸ばす、生徒主体の学校運営

毎日の振返りと相互評価、生徒が主役の学校行事/部活動が一人ひとりの個性を伸ばします。

3.一人ひとりの可能性を信じ、支える一貫した教員/指導体制

生徒の個性や目標に寄り添い、主体性の発揮を促す。選抜された教員が一貫して担当します。

4.先端に学ぶビジネス、テクノロジー、クリエイティブの特別科目

社会の第一線で活躍するプロからの指導で、想いをカタチにするための実践力を学びます。

5.思考の軸、志を見つけるためのリベラルアーツカリキュラム

自分と他者、自分と社会の関係を見つめ直すことで、自律的に考えるための軸を育みます。

6.可能性を世界中に広げる 、グローバルスタディプログラム

異文化に触れ、グローバルな視点で自分の将来の可能性について考える機会を提供します。

7.卒業後に、社会で活躍し続けるための進路指導

大学進学をゴールにせず、夢や目標を叶える手段として有効に活かすための指導を行います。

     

2019年4月以降の入学者選考について

転入・編入
4月末に受付開始予定

     

準備中