学費・奨学金

学費について

Gyazo
納入金額
実際の納入金額は、下記の小計(税抜)にカッコ内の消費税を加えたものになります。なお、消費税・振込手数料は学生様及び保護者様にご負担いただくものとします。
入学時必要経費
入学金(消費税8%)
¥120,000
1% for Scholarship
(消費税10%)
¥31,200
授業料の1%を奨学金に充てるための費用です。
年間諸経費※在籍1年間ごとに発生します
授業料
(消費税10%)
¥1,040,000
1年間あたりの授業料です。
学生会費
(消費税10%)
¥3,200
学生会予算としてプールされ、学校行事や部活の予算として、学生自身が使途を決定するものです。
保護者会費
(消費税10%)
¥280
1年間あたりの保護者会費です。
小計(税抜)
¥1,194,680
Gyazo
■必ず支払いが発生するが、入金のタイミングが異なるもの
年間諸経費※在籍1年間ごとに発生します
動画教材費用(消費税10%)
※初年度の支払いは2019年3月頃を予定しています。
¥29,280
代々木高校の学費等※納付先が代々木高等学校になります
初年度分単位修得費用
¥270,100
2年目分単位修得費用
¥226,100
3年目分単位習得費用
¥226,100
代々木高校スクーリング費用
代々木高校案内
教科書代そのほか代々木高校関連発生費用
代々木高校案内
※これらは学期開始前(入学前)の支払いが必要です。
※全て税抜き
Gyazo
■任意で支払いが発生するもの
学習に付随して必要になる費用※2019年4月入学後のオリエンテーション内で詳細ご案内予定。
参考書代・教科書代
約80,000円 / 年
PC購入費用
約154,224円
TOEFL受験費用
約54,000円 / 年
海外留学費(4か月想定・各国共通)※2019年6月頃、ヒアリングを行い決定します。
海外渡航費・保険料
約150,000円
海外寮費
約120,000円
海外生活費
約200,000円
海外雑費
約150,000円
海外特別研修費
約180,000円
小計
約800,000円/ 回
※全て税抜き
※参考書に関して、各々の学習状況で購入対象となる書籍が異なるため、おおよその額となります。
※PCは、13インチMacBook Pro(2.3GHzデュアルコアプロセッサ 128GBストレージ or more)を推奨しています。テクノロジー系の授業において、セットアップの手間が最小限で済む「Apple社製MacOS」を強く推奨しており、Windows機の場合はLoohcs学習コーチのサポートを受けられない場合がございます。
※TOEFL受験料は1回あたり$235(約26,000円、クレジットカード払い)であり、学年ごとの目標TOEFLスコアに到達するまで、年数回の受験を原則必須としています。
※海外留学について、必要に応じて外部の留学支援制度等を紹介し、経済的な負担を抑えるサポートを致します。

奨学金について

生まれた家庭によって、意欲や才能があっても
質の高い教育を受けられないこと。
それは、教育における最大の不条理だと私たちは考えています。

Loohcsは意欲ある学生を最大限にサポート。

寄付活動や企業協賛などを通じて独自に原資を集めて奨学金を運営しております。
(保護者様からの授業料は、一人ひとりの教育のために活用されます。)
Gyazo

奨学金の対象者について

選抜を突破した奨学金希望者には原則全員、
何らかのサポートを検討します。

Loohcsは奨学金を独自の財源で用意しております。そのため意欲ある学生の将来を第一に考え、柔軟に支援内容を決めることができます。
少しでも経済的な苦しさを感じている方は、まずはお気軽にご相談ください。以下4つの観点を元に、支援内容を検討いたします。
Gyazo

支援内容の検討において、評価する項目

以下のいずれかもしくは複数の条件に当てはまる学生は、優先的に全額給付型奨学金を受けることができます。
①経済状況の厳しさを説明できること
②英検やTOEFLのスコアが、在籍学年のレベルより著しく高いレベルの者
③2年以上の海外在住経験があり、国際交流や国際貢献の分野で卓越した成果を修めた者
④全国レベルの大会・コンクールでの入賞記録がある者
または、学会の中高生セッション等での発表経験がある者
⑤数学オリンピックなどの科学オリンピックで顕著な成績を上げたことを示すことができる者
⑥ビジネスの分野において卓越した能力を有し、ビジネスまたは社会の仕組みを創造する顕著な成果を収めたことを証明できる者
⑦その他、現代社会でリーダーシップを発揮する素質を持つことが証明できる者。現代社会のかかえる諸問題に強い関心を持ち、実社会の様々な事象から解決すべき課題を設定する能力、さらには他社との対話を通じて、その課題の解決に主体的に貢献する能力を有することを証明できる者
⑧優れた基礎的学力(各学校の上位概ね5%以内)を備えていることを証明できる者